マァジが​​ガンベロ・ロッソ2018年版 の​​ワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞!

イタリア、ヴェネト州の名門ワイナリー、マァジ社が、イタリア全土、2485ワイナリーの中から見事、​​ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞いたしました。

マスターエディター、マルコ・サベッリコ氏の受賞コメントは以下の通りです。
「​​ガンベロ・ロッソ創刊当初から掲載されているワイナリーでもあるマァジ社は、50年間に渡りヴァルポリチェッラワインにとって技術的​、​及び品質的なベンチマーク​でありました。​

また、​​マァジ​社は、​​世界中でヴァルポリチェッラエリアのワインを成功させ、そのエリア​を​代表するワイン、アマローネをイタリアの大使にさせたワイナリーです​。それだけではなく、ガルガニャーゴの名​をひとつの​ブランド​とし、​アマローネとヴァルポリチェッラのワインを​世界中で有名にしました。​」

 

日本を含め、世界中にファンを擁するグローバルなワイナリー、マァジのワインをこの機会にぜひご賞味ください。

>>マァジ社のワイン一覧はこちら

ガンベロロッソ/トレ・ビッキエーリ2018発表

先日、ガンベロロッソ/トレ・ビッキエーリ2018の受賞ワインが発表されました。

当社にて取り扱っている商品の多くがトレ・ビッキエーリを受賞致しました。

 

 

※こちらは来年発売になるヴィンテージの商品となりますので、未入荷となりますが、現在販売しているヴィンテージのワインは特集ページにて販売いたしております。

ガンベロロッソ/トレ・ビッキエーレ2018 特集ページはこちら

2017年 ノヴェッロ 予約受付中です

イタリアワインの新酒・ノヴェッロの解禁日、10月30日がすぐそこまで近付いてきてます。

秋の風物詩のひとつ、また、解禁日も今年は日曜日(土曜日深夜25時1分)と、週末のパーティーやハロウィンパーティーにも使えます。

この機会にぜひ、「ノヴェッロ」をお楽しみください。

 【入荷待ち商品】[10月30日解禁]フレッシュなイタリアの新酒 ノヴェッロ・ヴェネト2017 /750ml

価格:2,484円(税込)
【入荷待ち商品】[10月30日解禁] フレッシュなイタリアの新酒 【サラディーニ・ピラストリ】 ノヴェッロ・マルケ 2017 /750ml

秋にお勧めのワイン!

10月も半ばに入り、幾分涼しく、時に寒い日が続いています。
東京では12月中旬の寒さとなる日もあり、秋を通り越して、一気に冬モードになってしまいました。
まだ、ハロウィン前なんですけどね…。

さて、秋といえば、味覚の秋!
日本ではサンマに松茸、イタリアではポルチーニやトリュフといったキノコやオリーブが美味しい時期になります。

食材の味を楽しむといったことを考えると、白ワインとのマリア―ジュがしっくりときます。

 

秋の味覚に合う、お勧めの白ワインを3本、ご紹介します。

フェウディディ・サン・グレゴリオの白ワインといえば、これ。

【フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ/Feudi di San Gregorio】ファランギーナ 2016/750ml
シチリア産、白ワインの最高峰
オスカー・デル・ヴィーノでも高評価のワイナリー

【リヴィオ・フェッルーガ/Livio Felluga】ピノ・グリージョ 2014/750ml
秋の味覚を白ワインで優雅にお楽しみください。

 

SOLLEONE BIO – Recipe 10 鶏もも肉とオーガニックパスタソース(トスカーナ)の古代小麦パッパルデッレ

 

秋の夜長に、赤ワインと合うパスタのレシピをご紹介いたします。

 

≪材料≫ (2人分)

*骨付き鶏もも肉1本

*玉ねぎ (中)半分

*にんにく 1かけ

*鶏レバー 50g

*アンチョビ 小さじ1/2

*ローリエ1枚

*白ワイン40cc

*水80cc(ソース用)

*ソルレオーネ・ビオ

オーガニック パスタソース・トスカーナ 120g

*オーガニックブロンズダイス・パッパルデッレ・トスカーナ 180g

●仕上げ・・・チーズ、黒コショウ、パセリ

 

≪作り方≫

1.もも肉に塩コショウをしてフライパンで焼く。一緒にニンニクと玉ねぎも焼き、色がついたら

刻んだレバーを入れてアンチョビ、ローリエ、白ワイン、水80ccをいれて煮込む。

2.  肉に火がはいったら、トマトソースをいれて2~3分煮込む。

3.  もも肉を取り出して、骨を取り除いて粗く刻み、お鍋に戻して塩コショウで味を整える。

4.  パスタを9分間塩ゆでしたら、3.のソースとあえて盛り付ける。

●仕上げにパセリ、チーズ、コショウをかける。

 

【ワンポイント】焼く前にお肉に塩コショウをしておくことと、骨付きで煮込むことで、美味しいお肉の出汁がより出やすくなります!

 

ガンベロロッソ/トレ・ビッキエーレとは?

「トレ・ビッキエーリ」

この言葉を見たことや、聞いたことはありませんか?

こちらは、イタリアワインの評価の指標の一つで「ガンベロロッソ」というイタリアワイン専門誌が評価したワインの格付けになります。

 

Gambero Rosso vini d’Italia Tre Bicchieri
ガンベロロッソ ヴィーニ・ディタリア/Vini d’Italia

日本ではガンベロロッソの名前で知られる、もっとも著名なイタリアワインの評価本。
毎年、イタリア全国から寄せれたワインをテイスティングし、10月下旬に翌年版として評価が発表され、その評価はグラスで表示されます。

3(トレ)ビッキエーリ(カラー表示)/3グラス
そのカテゴリー上、非常に卓越したワイン/最高評価。
2(ドゥエ)ビッキエーリ(カラー表示)
2ビッキエーリのうち、3ビッキエーリを決める最終選考まで残ったワイン
2(ドゥエ)ビッキエーリ
そのカテゴリー上、非常に良質~最高
1(ウン)ビッキエーレ
そのカテゴリー上、平均以上~良質
ビッキエーリなし
そのカテゴリー上、平均レベル その他、コストパフォーマンスに特別 優れたワインには”*”が表示されます
【優秀なワイナリーに送られる★印】
トレ・ビッキエーリを10回以上受賞すると、そのワイナリーには星マーク(★)が表示される。
20回以上は★★、30回以上で★★★となっていきます。

また、トレ・ビッキエーリ以外に、スプマンテ、白ワイン、赤ワイン、デザートワイン、ワイナリー、醸造家、注目ワイナリー、クオリティープライスワイン、エノロゴ、環境にやさしいワイナリーのカテゴリーで、毎年最優秀賞が選ばれます。

SOLLEONE BIO – Recipe 9 ティラミスクリームのトライフルケーキ

食欲の秋!読書の合間のティータイムにいかがでしょうか?

 

≪材料≫ (2人分)

*ガルバーニ マスカルポーネ: 100g

*生クリーム: 100g

*グラニュー糖: 20g

*卵黄: 1ケ

*ソルレオーネ・ビオ フルーツスプレッド ラズベリー: 適量

*市販のスポンジ生地: 1/2個(※カステラでも代用可)

*お好みのフルーツ: 適量
≪作り方≫

ティラミスクリーム

*事前準備:マスカルポーネは常温に戻す

*スポンジ生地は一口サイズにカット

  1. ボウルにマスカルポーネを入れ、ゴムベラで滑らかになるよう練り、卵黄を入れて均一になるまで混ぜる。
  2. 別のボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて、角が立つまで泡立てる。
  3. 1.に2.を入れて、均一になるまで混ぜる。

(盛り付け)

深めの器に、スポンジ生地、ラズベリースプレッド、フルーツ、ティラミスクリームの順にいれていく。

 

シャンパン&スパークリングワイン世界選手権CSWWCって、どんな大会?

先日、イタリアのトレントにあるスパークリングワイナリー「フェッラーリ」が受賞した「スパークリングワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「シャンパン&スパークリングワイン世界選手権CSWWC(シャンパーニュおよびスパークリングワインワールドチャンピオンシップとも呼ばれています)」とはどのようなコンクールなのでしょうか。
「シャンパン&スパークリングワイン世界選手権(英語名:The Champagne & Sparkling Wine World Championships 略してCSWWC)」は、国際的に有名な作家のトム・スティーブンソン氏が立ち上げた世界的なワインコンペティションです。 世界中の最高のシャンパンとスパークリングワインをブラインドテイスティングにて、公正に審査致しています。これはシャンパーニュとスパークリングワインの専門家によって独占的に審査される最初のワインの競争であり、すべての裁判官が授与されたすべてのメダルに同意する唯一の国際ワインコンクールです。 これら2つのユニークな属性を組み合わせることで、メダル獲得プロセスにおける前例のないレベルの一貫性が保証されます。

大会はいくつかの分野に分かれており、それぞれに賞があります。
続きを読む

イタリアのハロウィン事情

日本では、ハロウィンの市場規模が年々大きくなっており、今ではバレンタインデーの市場規模を抜くほどの盛り上がりを見せ、今も拡大していっております。しかし、イタリアではあまりハロウィンをお祝いする傾向は無いようです。

現在のハロウィンのお祭りはキリスト教でも、プロテスタントのお祭りであり、アメリカ発祥といわれており、カトリック教徒の多いイタリアではお祝いされていませんでした。しかし、最近では、若者を中心に仮装したり、パーティーを開いたりと徐々にハロウィン行事が催されることが増えてきました。

また、イタリアでは、ハロウィンの翌日、11月1日は「諸聖人の祝日」と、11月2日は「死者の日」と言った行事が続きます。

「諸聖人の祝日」は「すべての殉教者と聖人に祈りをささげる日」とされており、お祈りを捧げたり、お墓参りをする日となります。また、11月2日の「死者の日」は「亡くなったすべての信者を追悼する日」で、墓参りに行ったり、亡くなった方へのお祈りをささげる日、日本で言うお盆のような日となるため、ハロウィンでお祭り騒ぎするのは少し憚られているようです。

ハロウィンパーティーを開催される場合や、おごそかなディナーをお楽しみいただく場合でも、イタリアンやイタリアワインを一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
RSS
Facebook
Facebook
Instagram