【続報】ファランギーナ2016が『ダイアモンド・トロフィー』を受賞いたしました

先日、行われた日本人女性審査員による、インターナショナル・ワインコンペティション、サクラ・アワードにて、ダイアモンド・トロフィー賞の発表があり、フェウディディ・サングレゴリオのファランギーナ2016が見事、受賞いたしました。

全エントリー数4,342の中の僅か47品のみに与えられる大変名誉ある賞となります。

受賞された、フェウディ・ディ・サングレゴリオ様、おめでとうございます。
~フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ~

イタリア、カンパーニャ州に位置する、イタリアを代表する新進気鋭のワイナリーです。
ブドウの育成に力を入れており、樹齢100年を超えるブドウの木から採れた貴重なぶどうで造るワインも絶品です。(樹齢が高いとなかなか実がつきにくい)今回受賞したファランギーナは香りが豊かで、フルーティな、飲み飽きないワインです。

 

日本初の女性審査員によるインターナショナル・コンペティション「第5回 サクラ・アワード」が発表されました。
日欧商事の取り扱い商品は、最高賞である、ダイアモンドトロフィーを含む、13アイテムが受賞いたしました。

 

最高賞 ダブルゴールド受賞(3アイテム)

ファランギーナ2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

ロザート2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

“ヴィッラ・ディ・カペッツァーナ”カルミニャーノ 2013(テヌータ・ディ・カペッツァーナ)

ゴールド受賞(6アイテム)

フェッラーリ ロゼ(フェッラーリ)

アリエ2016(フレスコバルディ)(次回入荷待ち)

レオーニア・ポミーノ・ブリュット2013(フレスコバルディ)

フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ 2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

ルブラート 2015(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

トレッビアーノ・ディ・カペッツァーナ 2015(テヌータ・ディ・カペッツァーナ) 

シルバー受賞 (4アイテム)

モクセ2016(マァジ)

プラムバーゴ2015(プラネタ)

ポミーノ・ビアンコ2016(フレスコバルディ)

キアンティ・クラッシコ 2015(バディア・ア・コルテブオーノ)

これからの花見シーズンに女子会、またはホームパーティーにて、女性が選んだワインはいかがでしょうか。

 

2018年度、サクラアワード ダブルゴールド賞を受賞いたしました

日本初の女性審査員によるインターナショナル・コンペティション「第5回 サクラ・アワード」が発表されました。
日欧商事の取り扱い商品は、最高賞である、ダブルゴールドを含む、13アイテムが受賞いたしました。

 

 

ダブルゴールド受賞(3アイテム)

ファランギーナ2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

ロザート2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

“ヴィッラ・ディ・カペッツァーナ”カルミニャーノ 2013(テヌータ・ディ・カペッツァーナ)

 

ゴールド受賞(6アイテム)

フェッラーリ ロゼ(フェッラーリ)

アリエ2016(フレスコバルディ)(次回入荷待ち)

レオーニア・ポミーノ・ブリュット2013(フレスコバルディ)

フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ 2016(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

ルブラート 2015(フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ)

トレッビアーノ・ディ・カペッツァーナ 2015(テヌータ・ディ・カペッツァーナ) 

 

シルバー受賞 (4アイテム)

モクセ2016(マァジ)

プラムバーゴ2015(プラネタ)

ポミーノ・ビアンコ2016(フレスコバルディ)

キアンティ・クラッシコ 2015(バディア・ア・コルテブオーノ)

 

これからの花見シーズンに女子会、またはホームパーティーにて、女性が選んだワインはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

JET-CUPチャンピオンソムリエが語るロゼワインの魅力

JET-CUPチャンピオン永瀬さんによる、ロゼワイン講座がありました。

ロゼワインと聞くと赤ワインと白ワインの間の中途半端なワインという認識の方も多いと思いますが、最近のロゼワインを取り巻く状況はどんどん変わってきています。

一昔前までは、ロゼワインというと、嫌な顔をされる方も多くみられるほど、ロゼワインはどっちつかずの中途半端なワインでした。

フランスでは、スパークリングワインを除いたワインの中ではおよそ3割のシェアをい占めるほど、ロゼワインは台頭しており、世界規模で見ても急激にそのシェアを伸ばしています。

永瀬さんによる講義によると、ロゼワインは和食との相性が抜群だとのことでした。
魚には白ワインということで、和食には白ワインを合わせる事が多いのですが、和食の中でも、しっかりと出汁をとった料理、お寿司等にはロゼワインの方が相性がいいとのことでした。

ロゼワインには、白ワインの持つフレッシュな口当たりと、赤ワインの持つコク、タンニンによる渋みがあるため、さっぱりしながら、口の中をきっちりとリセットすることが出来る性質があります。

また、桜色のワインは人々の心を楽しくさせます。特に、フェッラーリのロゼのスプマンテについては、桜色のスパークリングワインとして、乾杯のシーンに新しいアクセントをもたらせます。パーティーのはじめに出てくることにより驚きを与えることでしょう。

赤ワインと白ワインの両方のいいとこどりをしたワイン、ロゼワインはこれからのワインの中で欠かせない存在となることでしょう。

 

>>イタリアワイン・ロゼワイン特集はこちら

 

オールド・ヴィンテージワイン MASI アマローネ

ワインセラーの中で、隔離した部屋で貯蔵される特別なワイン のことを、イタリアでは「カンティーナ・プリヴァータ」と 呼びます。

なかなかお目にかかることが出来ない、希少なワインリストの中から、期間・本数限定でMASIのアマローネが登場しました。

 

先日の試飲会でも大変好評をいただいたカンティーナ・プリヴァータのMASIアマローネの飲み比べ。
収穫年度による、葡萄の味わいの違いを感じられ、また上質なワインだからこそ、時を刻むことにより、一言では表わすことができない、奥深いワインの深みを感じられます。

【マァジ/MASI】“コスタセラ”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2009/750ml(希少ワイン)

【マァジ/MASI】“コスタセラ”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2008/750ml(希少ワイン)

【マァジ/MASI】“コスタセラ”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2007/750ml(希少ワイン)

【マァジ/MASI】“コスタセラ”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2006/750ml(希少ワイン)

「現代シチリアワインの祖」文化大賞受賞と、彼の名を冠したワイン

「現代シチリアワインの祖」とも呼ばれるディエゴ・プラネタ氏が文化大賞(Il Premio alla Cultura)を受賞しました。

シチリア・パレルモ市の複数の文化保護協会団体(美術、建築文化財、地域文化・景観等)が毎年選出している、

「シチリア州の社会、芸術、経済、科学の分野において活動し、文化的に大きな影響を与える人物、またはシチリアの人々のために取り組み貢献した人物」

に贈られる文化大賞(Il Premio alla Cultura)の発表があり受賞いたしました。

なんと、これが、同賞13回目の受賞となります。

 

 

『情熱と専門的な技術を持ちながら、農業の世界からシチリアのワイン文化を劇的に発展させ、古の時代より非常に長く続く偉大な歴史を持つシチリアを、ワインを通じて世界へ伝えたこと。後世に継ぐべき高潔な使命を構築した偉大な人物。』として、シチリアの象徴となる、同賞を受賞いたしております。

この授賞式には、娘のフランチェスカさんと、ジョヴァンニ・プラネタさんが出席し、ディエゴさんに変わり賞を受け取りました。

 

偉大なる、シチリアワインの父、ディエゴさんに贈るお酒として、ディエゴさんの子供達は特別なシャルドネを作りました。

ディエゴさんの幼少期の呼び名である、ディダクスと名付けられたそのワインはシチリアが産んだ、PLANETA社のワインとして、世界中に『愛するディエゴさん』の物語は永遠に語り継がれていくでしょう。

 

 

>ディダクスの購入はこちらから

 

 

Finest Italian Wines 100 Great Producers 2018発表されました

Wine spectator & Vinitary Opera Wineの「Finest Italian Wines 100 Great Producers 2018」が発表されました。

イタリア全土2485のワイナリーの中から、100社のみに与えられる栄誉ある賞です。
弊社の取引先は、7社受賞いたしました。おめでとうございます。
・フェッラーリ(FERRARI)

・フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ(FEUDI DI SAN GREGORIO)

・リヴィオ・フェッルーガ(Livio Felluga)

・フレスコバルディ(FRESCOBALDI)

・マァジ(MASI)

・プラネタ(PLANETA)

・イッポーリト(IPPOLITO)
どのワイナリーも、しっかりとした個性を持っており、特徴的なワイナリーです。
今後の活躍も楽しみです。

 

 

Opera Wine ホームページはこちら

 

【続報 MASI試飲商品は32種類!】2/9 イタリア・ワイナリーオブザイヤー受賞 MASI社ワイン試飲会開催いたします。

2月9日に試飲できるMASI商品についてですが、こちらは32種類となります!

オールドヴィンテージのワインも4種類登場予定です。

以下URLより商品の確認が出来ます。
http://www.italiakara.jp/ic/masi29

また、マルコ・ザウリ氏によるセミナーも非常に興味深いです。
MASIが世界に発信するアパッシメントについても説明いただきます。

是非この機会をご利用ください。

 

 

>>チケットはこちらからご購入いただけます。

【試飲会会場】
日欧商事株式会社 東京本社
〒105-0014
東京都港区芝3丁目2-18号 NBF芝公園ビル4階【電車でのアクセスについて】
都営大江戸線:赤羽橋駅 徒歩4分
都営三田線:芝公園駅 徒歩5分※駐車場はございません。
公共の交通機関をご利用ください。【お問い合わせ】電話番号:03-5730-0328
E-mail:support@italiakara.jp

※クリックで別ウィンドウが開きます
【1.チケットの輸送はございません】
こちらのチケットの郵送はございません。試飲会当日、ご来場の際にご注文時のお名前をお伝えくださいますようお願いします。
2枚ご購入いただいているお客様で別々にご来場される方は、ご注文者様のお名前を予めお伝え頂きますようお願いします。【2.試飲できるワインについて】
当日ご用意しているワインの量には限りがございます、商品によっては試飲できるワインが無くなってしまう可能性がございますことを予めご了承ください。【3.ご来場方法について】
当会場には駐車場のご用意がございませんので、公共の交通機関をご利用の上、ご来場いただきますようお願いします。

2/9 イタリア・ワイナリーオブザイヤー受賞 MASI社ワイン試飲会開催いたします。

>>チケットはこちらからご購入いただけます。

【試飲会会場】
日欧商事株式会社 東京本社
〒105-0014
東京都港区芝3丁目2-18号 NBF芝公園ビル4階【電車でのアクセスについて】
都営大江戸線:赤羽橋駅 徒歩4分
都営三田線:芝公園駅 徒歩5分

※駐車場はございません。
公共の交通機関をご利用ください。

【お問い合わせ】

電話番号:03-5730-0328
E-mail:support@italiakara.jp


※クリックで別ウィンドウが開きます
【1.チケットの輸送はございません】
こちらのチケットの郵送はございません。試飲会当日、ご来場の際にご注文時のお名前をお伝えくださいますようお願いします。
2枚ご購入いただいているお客様で別々にご来場される方は、ご注文者様のお名前を予めお伝え頂きますようお願いします。【2.試飲できるワインについて】
当日ご用意しているワインの量には限りがございます、商品によっては試飲できるワインが無くなってしまう可能性がございますことを予めご了承ください。

【3.ご来場方法について】
当会場には駐車場のご用意がございませんので、公共の交通機関をご利用の上、ご来場いただきますようお願いします。

山飯にオシャレなイタリアン。エスプレッソ・パスタ 

先日、新年会を催した際に友人にエスプレッソパスタの話をしていたら、アウトドア好きの友人から、山のぼりの飯にちょうどいいねという話になりました。
商品と水があれば作ることができるので、非常に簡単です。他にもキャンプなどのアウトドアにもピッタリです。

ただ、1人前の量が少なく、女性の場合は、1人前1袋、男性の場合は1人前1.5袋と見積もって頂くといいと思います。

>>エスプレッソパスタ・ ペンネ・フンギ・ポルチーニ (きのこソースのペンネ)はこちら

 

賞味期限の短い訳あり品もあります。
>【賞味期限3月31日】50%OFFわけあり商品はこちら

 

SOLLEONE BIO – Recipe 15 オーガニックレンズマメとカルナローリ米のミネストラ

≪材料≫  (2人分)

*オーガニック・カルナローリ米 80g

*オーガニック レンズ豆(乾燥) 100g

*にんじん ½個       *にんにく 1かけ

*ローリエ 1枚       *プロシュートクルード 50g

*トマトソース 180cc   *玉ねぎ ½個

*エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル・キャンティークラシコ 適量

*塩、コショウ 適量     *パセリ  適量

 

≪作り方≫

1.カルナローリ米を12分間塩ゆでする。レンズ豆も別の鍋で30分塩ゆでする。レンズ豆は、煮汁が多く残るようたっぷりの水で茹でる。茹でたらそれぞれザルにあけておく。

2.鍋に分量外のオリーブオイルとプロシュート・クルードのみじん切りを入れて炒め、香りがでたら、玉ねぎ、にんじん、にんにくの微塵切、ローリエを加えてよく炒める。

3.2.にレンズマメとその煮汁をひたひたに入れて、10分ほど煮る。そこへ1.のお米をいれてなじませ、器に盛る。

4.最後に、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを回しかけ、お好みでパセリをふる。

 

【ワンポイント】

①プロシュート・クルードと野菜をよく炒めることでコクがでます。

②レンズ豆の煮汁は、塩をわずかに感じる程度に少なめに。

③美味しいオリーブオイルが味の決め手なので、香り高いものを選んで使ってみてください。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
RSS
Facebook
Facebook
Instagram