オーストラリアワインの特徴【世界のワインの豆知識 Part.9】

世界のワインの特徴

オーストラリアワインの特徴~

オーストラリアでワインが作られるようになってから、だいたい200年ほど。
まだ歴史は浅いけど、確実に量も質もアップしてきてるよ。

生産量は、世界第5位。
1位はイタリア、2位はフランス、3位はスペインで、そのあとにアメリカ、そしてオーストラリア。
年によっては中国やアルゼンチンに抜かれることもあるけど、世界の中でもたくさんワインを作ってることは間違いないよね。

オーストラリアワインで1番使われてるブドウはシラーズと呼ばれる品種。
結構有名な種類だけど、オーストラリアのシラーズのワインはなかなかの絶品。
世界中にファンがいるんだよ。

シャルドネを使った白ワインも有名で質が高いし、いろんなブドウがブレンドされて作られるワインもあったり、多様性に富んでるのも特徴かな。

固有種がないのも1つの特徴。
でも、オーストラリアの土壌や気候で栽培されたブドウはとても個性的。
同じ品種でもヨーロッパ各地のワインとは違う味わいが楽しめるところが面白いんだよね。

産地は大きく分けると7箇所くらい。
それぞれで特徴的なワインを作っていて、味わいや雰囲気も異なってくるよ。
オーストラリアワインだけでもいろんなワインが楽しめちゃうね。

おすすめのオーストラリアワイン【まとめ】

初心者にはちょっと難しいオーストラリアワインの選び方。

初心者でも美味しく飲めるオーストラリアのワインを厳選して紹介していくよ。
購入する時の参考にしてね。

ベンチマーク・シャルドネ

オーストラリアワインの中でも王道なのが、南オーストラリア産のワイン。
この産地で作られた『ベンチマーク・シャルドネ』を飲まないと、オーストラリアワインは語れないよ。

作っているのは、グラント・バージというワイナリー。
グラント・バージ氏は、代々続くワイナリーの5代目。
伝統と最新技術を組み入れたブドウ栽培&ワイン醸造で、オーストラリアワインの中でも屈指の人気を誇るワインを作ってるんだよ。

『ベンチマーク・シャルドネ』は白ワインなんだけど、濃厚さが詰まっててインパクトも強め。
適度に酸味があって、なめらかな口当たりも魅力かな。
シャルドネの旨味がギュッと詰まってて、口に含んでしばらく待った後にそれが弾ける感じが味わえるよ。

ワインに詳しくなくても、『ベンチマーク・シャルドネ』のインパクトと濃密さは感じ取れるはず。

初心者でも手が出しやすい価格も嬉しいよね。
これ以上コスパの良い白ワインはないんじゃないかと思うほど。
手に取って損をすることがない白ワインだよ。

引用:https://www.enoteca.co.jp/item/detail/118500022

フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ

『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』は、とにかく濃い!熟成期間は18ヶ月くらいかな。
これだけ寝かせてるから、無駄な酸味や苦味が取り除かれてて、代わりにフルーツの味と香りが凝縮されてるよ。

口に入れた時に、チョコレートを思わせる香りが広がるのが魅惑的。
そこにベリーも加わって、芳醇で濃厚でまったりとしたフレーバーが楽しめるんだよね。
ワインの本場のヨーロッパの人でもうなる人がいるほどの出来だよ。

厚みがあるのも伝わってきて、いつまでもしっかりと口と鼻に残ってくれる感じは、1度飲んだら忘れられないはず。
それでいてしつこくなくて、料理の味も邪魔しないよ。

航空会社やレストラン、ホテルなどにも引っ張りだこ状態の『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』。
自分で飲むのはもちろんだけど、人をおもてなしするときに出しても間違いなし!絶対に気に入ってもらえるよ。

濃厚な肉料理やチーズとの相性も抜群だから、ぜひ美味しい料理と一緒に飲んでみよう!

スパークリング缶ワイン カベルネ・シラーズ・メルロ

オーストラリアワインのことをよく知らないから手が出しにくいという人におすすめしたいのが、『スパークリング缶ワイン カベルネ・シラーズ・メルロ』。

これは缶に入っているタイプのスパークリングワイン。
ワインとしてはかなり特殊だよね。
でも、品質はかなり高いよ。

実績もすごくて、世界中で賞を受賞してるんだよね。
瓶のボトル入りのスパークリングワインと遜色ない美味しさが手軽に味わえちゃうのが最大のポイント!
オーストラリアワインを飲んでみたいけど、ボトル1本を買う勇気はないという人にもおすすめ。
内容量は250mlだから、お試し感覚で飲むことができちゃうよ。

もう1つ最大の特徴があって、それは、赤のスパークリングワインだってこと。
3つの品種を使っていることで生まれる、複雑に混じり合った旨味も味わえるはず。
赤ワインなのに炭酸が口の中で弾けるから、ワイン好きでもあまり味わったことのない感覚で飲めちゃうんだよね。

これから流行ること間違いなしの缶入りスパークリングワインで、オーストラリアワインを楽しんでみてね!

引用:https://www.enoteca.co.jp/item/detail/NS8550051

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました