ワインの風味がグッと美味しく変化するデキャンタとは?

ワインを楽しむための便利グッズ

ワイン通がこぞって使うデキャンタ

ワインを普段から飲む人でも、デキャンタについて詳しく知ってる人は少ないかも。
だからこそ、これを知っておくとワイン通にグッと近づくことができるよ。

デキャンタというのは、ワインをボトルから移し替えるための大きめの器のこと。
透明なガラス製で、花瓶のような形をしているものが多いかな。

ワインをデキャンタに移すことを“デキャンタージュ”って言うよ。
これをするのは、ワインを作るときに発生したカスである澱(おり)をワイングラスに入れないため。
あと、ワイン全体を空気に触れさせて味や香りを豊かにする効果もあり。
つまり、デキャンタにワインを移すことで、より美味しく飲めるようにするメリットがあるんだよ。

ピンキリなんだけど、3,000〜6,000円くらいのものが多いかな。
30,000円以上もする高級品もあるよ。

引用:https://kaminoshizuku.jp/blog/147

デキャンタの使い方

デキャンタは、ワインを入れる前に必ず綺麗にしておくこと。
ワインを美味しく飲むためにデキャンタージュするのに、デキャンタが汚れてたら意味ないからね。

基本的にワインをボトルから入れ替えるだけなんだけど、ワインのタイプによって入れ方にも違いがあるよ。
そのあたりも含めて説明していくね。
大事なワインを無駄にしないように、正しい知識でデキャンタージュしよう!

① ボトルの口をきれいに拭く

デキャンタにワインを入れ替える前にコルク栓を抜くと思うけど、栓を抜いた後に、ボトルの口を1度拭いておくこと。
もちろん綺麗な布巾を使ってね。

この作業は、ボトルの口についてるかもしれないコルク片を取り除くため。
せっかく綺麗にするためにデキャンタに移すのに、コルクが入り込んだら意味がなくなっちゃうからね。

② ボトルを立てながらデキャンタにワインを注ぐ

デキャンタにワインを入れる瞬間が勝負!

もし生産から時間が全然経ってない“若いワイン”なら、一気に移し替えること。
デキャンタの口の中にワインボトルの口を入れて、ボトルを逆に立てた状態で時間をかけずにすべてを注ぎ込もう!
バランス感覚とちょっとした力が必要になるから、特に女性は注意してね。

生産から時間が経ってる熟成されたワインの場合は、逆にボトルを少しずつ傾けて、ゆっくりと注ぎ込もう。
これはもちろん澱がデキャンタに入り込まないようにするためだよ。
澱を目で確認しながら移すのがポイント。
もしワインを全部入れようとした時に澱も一緒に入ってしまいそうなら、途中でストップ!それ以上入れるのはやめておこう。

③ デキャンタの中でワインを回す

ワインを注ぎ終えたら、デキャンタをゆっくりと大きく回してみよう。
ワイン全体に空気を含ませるイメージで回すと、いい感じにワインの風味や香りを引き出すことができるよ。

勢いよく回しすぎると逆にワインの質を落としちゃうし、こぼれることもあるから気をつけること。
デキャンタは底が大きくて口が細いものが多いから、デキャンタそのものを落としちゃうこともあるので注意してね。

おすすめのデキャンタ【まとめ】

デキャンタ選びはワイングラス選びよりも難しいって感じちゃう人が多いかも。
そんな人のために、おすすめのデキャンタをまとめておくね。
紹介するうちのどれかを選べば、とりあえずは失敗することないし、ワインを思いっきり楽しむことができるよ。

耐熱コーヒーデカンタ

HARIO(ハリオ)というメーカーから販売されている『耐熱コーヒーデカンタ』。
コーヒーって書いてあるけど、ワインのデキャンタとしても使えるよ。

水差しみたいで可愛いところがおすすめポイント!グラスにも注ぎやすい形状になってるよ。
ただ、そもそもはコーヒー用だから、容量がちょっと少なめなんだよね。
通常のワインボトル1本の容量すべては入りきらないから、この点だけは要注意。

取っ手がついてるからホットワインにも使えるのがいいね。

ミズラ カラフェ

Bormioli Rocco(ボルミオリ・ロッコ) の『ミズラ カラフェ』は、シンプルで安くてスタイリッシュなデキャンタ。
無駄なものを排除して作られてるところが魅力だよ。

容量は250cc、500cc、1,000ccの3タイプ。
ワイン1本丸々入れるなら1,000ccのタイプ一択だけど、1人用とか、ちょびちょび飲む用のデキャンタが欲しいなら、それ以下のサイズでもOKだね。

コスパはかなり良い商品だから、ワイン初心者も買って損なし!オススメのデキャンタだよ。

エレガンス カラフェ デキャンター 1L

フランスのアルクインターナショナルの『エレガンス カラフェ デキャンター』は、上質なデキャンタを探してる人におすすめ。
容量も1リットルと十分。
たっぷりとワインを入れ替えることができるよ。

ポイントの1つは、ガラス製の蓋が付いていること。
本体と同じ材質で一体感も良く、しかも余分な空気やホコリなどを入れないガラス製の蓋は、本当にありがたい!

本体も蓋も丸みのある形で、女性らしさが感じられるんだよね。
テーブルに置いてあるだけでもオシャレに見えるよ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました